So-net無料ブログ作成

『インテリビレッジの座敷童』鎌池和馬 [電撃文庫]

最新鋭のテクノロジーによって維持された田舎であるインテリビレッジが舞台の話。単にそれだけではなく、妖怪までも呼び寄せてしまっているという設定なので、結局、妖怪を巡る話になっている。何というか、この作者の話は大体、全部、同じパターンだが、背後でやたら大きい動きがあり、結局はそれに巻き込まれていくという展開になっている。ストーリーはごちゃごちゃしているが、上手くまとまっている。話は完結しているが、続きも出るようである。
タグ:鎌池和馬
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。