So-net無料ブログ作成

『楽聖少女』杉井光 [電撃文庫]

高校生の主人公が悪魔の手により、二百年前のウィーンに飛ばされたが、そこは史実とはかなり異なる世界であるだけでなく、ゲーテに成り代わり、執筆させられることになるという話。しかも、そこで天才音楽家である少女と出会うが、その名前は驚くべきものであった。と言うわけで、『さよならピアノソナタ』と同じく音楽物であるが、微妙なリンクもあるようである。魔術も登場したりするので、純粋な音楽物ではないが、音楽を中心としたある種の歴史仮想物としては良く出来ている。続きに期待したい。
タグ:杉井光
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。