So-net無料ブログ作成

『背約のキャバリアー』六塚光 [一迅社文庫]

高校入学のために故郷に戻った主人公の少年は、幼馴染みの少女と再会し、悪魔と契約した人の決闘の代理を務める羽目になるという話。この手のバトル物としては、割とオーソドックスではあるが、設定はかなり、細かく考えられており、面白い。ストーリーは一応はまとまっているが、途中であり、続きに期待したい。特徴としては、この作者の話としては、あまりグロではないのだが、このレーベルでは、どちらかというと、青春物的なのを書いていたか。
タグ:六塚光
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。