So-net無料ブログ作成

『月光』間宮夏生 [電撃文庫]

主人公の少年が、クラスメイトのノートを拾うと「殺しのレシピ」と書かれた紙が入っていて、主人公はそれを隠し持つ。そうすると、そのクラスメイトの少女の父が交通事故で亡くなってというミステリー仕立ての話。最後まで、ミステリーかというというと、むしろ、サスペンス風味の青春物と言うべきか。実際、最後まで、落としどころが予想出来ないという点では面白かった。また、同じことではあるだろうが、緊張感で引っ張る話だった。話はきっちりと完結している。最近の流行とは、やや異なるため、かなり新鮮に思えた。
タグ:間宮夏生
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。