So-net無料ブログ作成

『不動カリンは一切動ぜず』森田季節 [ハヤカワJA]

全ての子どもが人工授精で誕生し、手のひらに埋め込まれたノードで情報や思念を交換する世界の話。主人公の少女達がある事件を調査することによって、大きな陰謀と家庭の事情に巻き込まれていくというストーリーになっている。設定は確かにSFで相当凝っているのだが、後半の方は、ファンタジー的になっていて、ハードSF的な物を期待していると裏切られることになる。しかし、ファンタジー的な部分は、神戸近辺を舞台にして、そのローカルな物を参照しているため、むしろ、万城目学とか森見登美彦などにも結構、近い感じがする。ただし、そういう部分はあっても、また、かなり話はエグい面もあるのだが、やはり、ライトノベル的であるのは確かである。非常に色々な物が盛り込まれているため、やや、消化不良気味な気もするが、きっちりと完結している。
タグ:森田季節
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。