So-net無料ブログ作成

『ふたりの距離の概算』米澤穂信 [角川書店(KADOKAWA)]

『古典部』シリーズの第五作目。学園物のミステリーになっている。今回は、進級して、春の時点の話になっている。ストーリーは、仮入部した一年生の少女が、入部しないと言い出して、何故、辞めたのかを主人公が推理するというものである。ミステリーとしては、それなりにまとまっているが、部活物としては、やはり、新入生が入らないというネタである。この手の部活やサークルを舞台にした話では、『けいおん!』もそうであるが、安定した人間関係を壊さないためか、大体、後輩はなかなか入ってこないのが良くある話であり、これも、同じである。今回もそれなりに面白いが、人間関係が割と固定されている感じがするので、なかなか、難しいのかもしれない。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。