So-net無料ブログ作成

『ヴァンダル画廊街の奇跡』美奈川護 [電撃文庫]

電撃小説大賞の金賞受賞作。様々な芸術が規制され始めた未来で、封印されたはずの名画が描かれる事件が起きてという話。芸術ネタだが、他方で、SFにもなっており、上手くバランスが取れている。ネタは結構、古典的であるが、色々な要素を非常に上手く組み合わせている。文章も読みやすく、きっちりと完結している。ただ、続きは恐らく出ないタイプの話である。金賞は、去年の『パララバ』、一昨年の『君のための物語』と同じようなタイプの話が受賞しているが、この話は、ある意味では一番ライトノベル的になっている。その意味では、次作にも期待出来そうである。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。