So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

『空ろの箱と零のマリア』御影瑛路 [電撃文庫]

転校生の少女がいきなり敵意を向けてくるところから始まる話。時間ループ物で、そこから抜け出すために色々する話である。時間ループ物は、ミステリー的でもあるが、その意味でも、良くできている。この作者は、割と変な話ばかり書いているのだが、今回も仕掛けは結構、凝っていて、飽きさせない。ただし、今までとはやや異なって多少、ラブコメ的な要素もあるし、文章も読みやすくなっている。といっても、今までの作品と同じく、人の認識という点にはこだわりがあるようである。話は完結している。続きは出しにくいと思うのだが、帯には新シリーズと書いてあるので、出るようである。
タグ:御影瑛路
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。