So-net無料ブログ作成
検索選択
富士見ファンタジア文庫 ブログトップ
前の10件 | -

『ガチャにゆだねる異世界廃人生活』時野洋輔 [富士見ファンタジア文庫]

 カクヨムの受賞作。内容はタイトル通りのウェッブ小説には良くあるタイプの話であるが、テンポ良く進んで話は面白い。ガチャが出来ると言っても、そんなにレアが来るわけではないのだが、スキルもガチャで来るので、結局、チート的に強くなる設定である。話はまとまっているが、続きも出ることが決まっているので、期待したい。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

『デート・ア・バレット デート・ア・ライブ フラグメント』東出祐一郎 [富士見ファンタジア文庫]

 『デート・ア・ライブ』の外伝だが、作者は異なる。本編とは結構、雰囲気は異なる。記憶少女の純正礼が殺し合う話である。いわゆるデスゲーム的な設定だが、ストーリーは結構、凝っていて、仕掛けも多い。話は上手く構成されている。これで完結している。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

『プロデュース・オンライン』田尾典丈 [富士見ファンタジア文庫]

 VRMMOで何故か、同級生の声優の演技指導をする羽目になった高校生の少年が主人公の話。設定は色々捻ってあるけど、割とオーソドックスなラブコメ的な話になっている。話はこれで上手くまとまっているが、続きも出そうなので期待したい。
タグ:田尾典丈
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

『通常攻撃が全体攻撃で二回攻撃のお母さんは好きですか?』井中だちま [富士見ファンタジア文庫]

 新人賞の大賞受賞作。ゲーム世界に転送されたら、何故か、母親と一緒に冒険をすることになるという話。コメディーとしてはそれなりに面白いし、話も上手くまとまっている。既に続きも出ているが、基本的には一発ネタであるとは思うのだが。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

『異世界横断鉄道ルート66』豊田巧 [富士見ファンタジア文庫]

 主人公の少年は大陸横断鉄道の車内で美少女と出会い、事件に巻き込まれていくという話。それ以外の変な仲間とともに、旅をしていく話だが、基本的にはコメディー寄りのアクション物である。鉄道物ではあるが、リアル志向というわけではない。話はまとまっているが、続きは出せる構造なので期待したい。
タグ:豊田巧
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

『機甲狩竜のファンタジア』内田弘樹 [富士見ファンタジア文庫]

狩竜師になるための養成学校に入学した主人公は戦車を用いて戦う機甲狩竜師を目指していたという話。ファンタジーに戦車を導入した話だが、ファンタジーとしてもなかなか面白い。意外と、架空戦記寄りではなく、オーソドックスなファンタジーになっている。既に二巻が出ることが決まっているが、続きに期待したい。
タグ:内田弘樹
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:

『東京廃区の戦女三師団』舞阪洸 [富士見ファンタジア文庫]

 少女のみの部隊が魔妖が出没する地区で記憶喪失の少年を発見するところから始まる話。一種のハーレム設定のバトル物だが、『IS』に似たタイプの話であるが、ずっとミリタリー寄りになっている。話の展開は割とオーソドックスではあるが、上手くまとまっている。続きに期待したい。
タグ:舞阪洸
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

『ワールド・イズ・コンティニュー』瀬尾つかさ [富士見ファンタジア文庫]

 異世界に召喚された主人公の少年はその世界の謎に迫るためにレベル100を目指すという話。この手の話としてはオーソドックスではあるが、設定はかなり細かい。この作者のことなので、割とメタな所も多いが、割と謎の多い話になっている。上手くまとまっているが、続きに期待したい。
タグ:瀬尾つかさ
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

『オタサーの姫と恋ができるわけがない。』佐倉唄 [富士見ファンタジア文庫]

 高校に入学した主人公の少年は、幼馴染みでオタサーの姫っぽくなっていた先輩に告白され、同じ部活に入ることになるという話。青春物寄りではなく、ヒロインが何人も出てくる部活物になっている。少し、登場人物が多い気もするが、シリーズ化前提なのだろう。設定はそれなりに凝っているが、あまり無理はなく、上手くまとまっている。
タグ:佐倉唄
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:

『英雄都市のバカども』アサウラ [富士見ファンタジア文庫]

 英雄の末裔が住む辺境都市で暮らす何でも屋の主人公は、祖国を追われた王女を助ける羽目になるという話。オーソドックスなファンタジーだが、ノリは結構、独特でそれなりに灰汁が強いので、好みはある程度分かれそうである。話は上手く構成されていて、一応完結しているが、続きも充分に出せそうである。
タグ:アサウラ
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:
前の10件 | - 富士見ファンタジア文庫 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。