So-net無料ブログ作成
徳間デュアル文庫 ブログトップ

『ソウルソードスーパースター 上下』森橋ビンゴ [徳間デュアル文庫]

主人公の少年が<ディバインソウル>の欠片を集める闘いに巻き込まれていく話。要するに、能力バトル系のアクション物になっている。この手の話としては、割と標準的な感じではあるが、上手くまとまっており、スピード感もある。話はとりあえず完結はしているが、続きも出そうな構造にはなっている。この作者の作品の中では一般向きであるが、それでも、キャラクターは結構捻ってある。
タグ:森橋ビンゴ
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

『サムライエイジ』みかづき紅月 [徳間デュアル文庫]

剣道の得意な少女が変な高校に入学してしまい、学園内でバトルを繰り広げる羽目になる話。この作者のエロライトノベルの『サムライガール』シリーズと似たようなノリであるが、思ったよりもラブコメ展開にはならず、基本的にはバトル物で、また、相方となるような変なキャラの少女も登場し、友情物的な展開になりそうである。スピード感もあり、話はうまくまとまっている。一応、話はそれなりに完結しているが、続きに期待したい。 
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:

『冬の巨人』古橋秀之 [徳間デュアル文庫]

巨人の背中に作られた都市が舞台のファンタジー。ファンタジーと言うよりは、スチームパンク的なSFと言った方が良いだろう。この手の話としては、最後まで読むと、結構、ありがちな感じではあるのだが、途中の展開は巧みで、飽きさせない。とはいえ、イメージは意外と強烈である。これできちんと完結している。この作品も、最初に発売予定リストに載ってから、随分、経って出たのだが、待っていた甲斐は有るだろう。ただ、この作者としては、割と、あっさりしており、もっと、濃いのが好みの人には、必ずしも、向かないだろう。


タグ:古橋秀之
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:

『舞-乙HiME列伝 アヤネ降臨篇』沢上水也 [徳間デュアル文庫]

アニメのノベライズだが、外伝で、主人公も異なっている。この話は、TV版の百年前と言うことで、微妙に設定も違うようだ。とはいえ、ノリは、基本的に同じで、シリアスな話ではあるが、コメディー寄りで、読みやすい。続きも出るようだ。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

『ギロチンマシン中村奈々子 義務教育編』日日日 [徳間デュアル文庫]

ロボットの学園に潜入した人間の話。ラブコメ的な要素もあるが、同じ顔をしたロボットが幾つも出てきたり、謎も色々多いようだ。SFとしては、割とオーソドックスなテーマなのだが、この作者のことなので、あまり、そちらの方には期待できない気もする。今回は、導入という感じで、あまり、特徴がない気もするが、続きに期待すべきなのだろう。


タグ:日日日
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:

『ウィッチブレイド 碧の少女』市川智士 [徳間デュアル文庫]

TVアニメのノベライズ。と言っても、話は、アニメのちょっと前と言うことになっており、登場人物も、ほとんど、重ならない。『ウィッチブレイド』自体は、元々は、アメコミが原作なのだが、中心となる設定以外は、日本での話となっている。この話は、かなり、独立性が高く、これだけでも、読めるようになっているが、逆に言えば、アニメには、あまり、関係ないような話でもある。 とはいえ、ちょっと、ありがちな話になってはいるが、上手くまとまっている。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

『舞‐HiME Side‐A 秘密の花園』ナカガワヒロユキ [徳間デュアル文庫]

 
TVアニメのノベライズ。既にメガミ文庫からもノベライズが2冊ほど出ているが、そちらは雑誌のキャラクター紹介的な短編を集めたものであるのに対して、こちらはTV版に沿ったノベライズとなっている。ストーリーはほぼ、一緒ではあるが、やはり、細部は微妙に異なっている。ノベライズとしては、かなりきっちりと仕上がっている。話としては前半までなので、続きが出るようだ。

徳間デュアル文庫は、最近、元気が無く、このままフェードアウトかと思ったら、今月は二冊も出た。その内の一冊がこれなのだが、少なくとも、アニメのノベライズは、アニメージュ文庫の代わりなのかどうかはよく分からないが、まだ、出るのだろう。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

『攻殻機動隊 stand alone complex  眠り男の棺』 藤咲淳一 [徳間デュアル文庫]

 
『攻殻SAC』のノベライズ。3冊目になる。ストーリーはオリジナル。今回も設定はきな臭いが、ストーリー自体はそれほどでもない。ただ、このシリーズは原作も含めて、見掛けよりワンパターン。とはいえ、それなりに楽しめる。

ところで、最近は徳間デュアル文庫はたまにしか出なくなってしまって、潰れたのかと思ったが、どうやら、もうしばらくは続きそうだ。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:
徳間デュアル文庫 ブログトップ