So-net無料ブログ作成
検索選択
富士見ミステリー文庫 ブログトップ
前の10件 | -

『幽霊列車とこんぺい糖』木ノ歌詠 [富士見ミステリー文庫]

飛び込み自殺をしようと駅にやって来たら、廃線になって、困っていた中学生の少女が、変な女子高生と出会ってという話。話は、非常にきっちりとまとまっていて、ある意味では、過剰なまでに説明してしまっている気もする。とはいえ、かなり、きれいに終わっていて、出来は良い。この作者は、デビュー作が音楽家物だったが、今回も、芸術家物になっている。割と、イメージ優先の作風だが、今回は、結構、ディテールに凝っている感じである。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:

『麗しのシャーロットに捧ぐ』尾関修一 [富士見ミステリー文庫]

富士見ヤングミステリー大賞の佳作受賞作。ゴシックホラー。確かに、途中の展開はホラーなのだが、最後は、割と、しっかりと謎解きがされているので、最後まで読むと、あまりホラーではないような気もする。とはいえ、新人にしては、文章もこなれているだけでなく、構成も隙がない。

富士見ミステリー文庫の新人賞受賞作は、1月に二冊出たことになるが、こちらの方が、出来は良いだろう。しかし、勢いは、『僕たちのパラドクス』の方があるので、そちらが大賞になったのだろう。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

『僕たちのパラドクス-Acacia 2279-』厚木隼 [富士見ミステリー文庫]

富士見ヤングミステリー大賞の大賞受賞作。未来からやってきたタイムパトロールの少女が、未来に戻れなくなってしまったため、主人公の少年と操作する話。割と、ありがちな感じの話ではあるが、それなりに意外な展開になっており、かなり強引な感じはするが、力業で話をまとめている。これで完結。タイムパラドックス系の話に良くあることだが、やや、時間軸がごちゃごちゃするが、巻末に年表も付いている。但し、完全にネタバレなので、最初には見ない方が良いだろう。これで完結している。この手の話としては、かなり明るい感じである。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:

『ネコのおと リレーノベル・ラブバージョン』新井輝、築地俊彦、水城正太郎、師走トオル、田代裕彦、吉田茄矢、あざの耕平 [富士見ミステリー文庫]

タイトル通り、七人で、順番に書いたリレー小説になっている。色々と細かいルール付きの学級日誌が、人の手にどんどん渡っていく話の筈だったのだが、いつのまにか、作者が作中に現れ、どんどん殺されるという話になってしまっている。何か、竹本健治の『ウロボロス』シリーズのようなメタミステリー風になっている。尤も、何人もで書いているので、そんなに綿密に計算されたものではないが。とりあえず、一回、読んで、楽しんで終わりというものなのだろう。別のバージョンも計画されているのかもしれないが、大して、ラブコメというわけでもなかった。やはり、単発の企画に留めておく方が良いだろう。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

『うれしの荘片恋ものがたり ひとつ、桜の下』岩久勝昭 [富士見ミステリー文庫]

学生寮に住むことになった少年が主人公の学園物と言うよりは、ボーイミーツガール物と言うべきか。一応、ミステリー仕立てにはなっている。といっても、日常の謎系に近い。上手くまとめているのだが、ちょっと、あっさりしているというか、そつがなさ過ぎる気もする。これで完結しているが、続きが出せる作りにもなっている。


タグ:岩久勝昭
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(2) 
共通テーマ:

『さよなら、いもうと。』新井輝 [富士見ミステリー文庫]

死んだ妹が生き返ってという話。妹萌えな話かというと、微妙に違う感じがする。むしろ、ヒロインがもう一人いて、そちらとの関係がメインのラブコメと言った方が良いだろう。つまり、良く、ヒロインとの仲を邪魔する妹という設定の話があるが、ある意味ではそれの変形だろう。ラブコメ的なところは、同じ作者の『Room No.1301』と同じく、会話中心で話がテンポ良く進んでいく。これで完結している。全体としては、ちょっと変わったラブコメとしては、上手くできている。


タグ:新井輝
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(2) 
共通テーマ:

『たましいの反抗期 すてるがかち!』水城正太郎 [富士見ミステリー文庫]

孤島の巨大な女子校に入学した少女が主人公の話。学園を支配できるアイテムを偶然、手に入れたため、学園内の覇権抗争に巻き込まれるという展開になっている。要するに、設定は『蓬莱学園』で、ストーリーは『指輪物語』ということになっている。話は途中で終わっているので、続きは出るのだろう。『指輪物語』的なストーリーにはなっているものの、基本的にはスラップスティックなコメディーである。若干、荒っぽい感じもするが、それなりに楽しめる。


タグ:水城正太郎
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

『セカイのスキマ』田代裕彦 [富士見ミステリー文庫]

妖怪退治のサークルにはいることになった少年が主人公の話。一応、ミステリー的な展開だが、妖怪が絡むので、もちろん、純粋なミステリーではない。とはいえ、このレーベルにおいては、ミステリーになっている方である。ちょっと、そつがなさ過ぎる気もするが、上手くまとめている。探偵役のヒロインが、それなりにキャラが立っているので、続きが出れば、結構、期待が出来るのかもしれない。


タグ:田代裕彦
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:

『SHI-NO ーシノ- 黒き魂の少女』上月雨音 [富士見ミステリー文庫]

新人賞の最終選考作のようだ。小学生の幼馴染みが探偵ミステリー。ミステリーと言っても、視点がワトソンというか、探偵のそばにいるだけで全く、事件の解決とも関係ない主人公にあって、淡々と事件が起きたりするわけで、あまり、普通の作りではない。とはいえ、読み返してみると、それなりに、構成は凝っている。ちょっと、全体の雰囲気が、森博嗣のS&Mシリーズを思わせるような所もある。新人にしては、文章も割と読みやすいが、恐らく、書き直しをある程度、しているのだろう。一応完結しているが、ミステリーなので、続編も十分可能である。

富士見ミステリー文庫の新人賞組と比較した場合、他の作品にさして劣らないと思うが、やはり、暗い雰囲気の話が嫌われたのだろうか。


タグ:上月雨音
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

『覚醒少年』北山大詩 [富士見ミステリー文庫]

富士見ヤングミステリー大賞の奨励賞受賞作。捜し物を請け負う職業の少年が事件に巻き込まれていく話。設定はSFで、ミステリーというよりはアクション物。テンポ良く、話が展開し、ストーリーも上手く構成されている。新人にしては割と読みやすいし、キャラもそれなりに上手く立っている。少し、主人公の少年が無敵な気もするが、マンガだとありがちな展開か。

一月に出た富士見ミステリーの新人の作品はこれで全部読んだ。好みで言えば、この『覚醒少年』が一番面白かった。次は『BLACK JOKER』で、『楓の剣!』はあまり合わない感じ。どれも続きが出そうな話の作りだが、『覚醒少年』はありがちではあるが、それなりに面白そうなシリーズになりうるのではないだろうか。ただ、富士見ミステリーの新人は、二月にももう一冊出るようだ。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:
前の10件 | - 富士見ミステリー文庫 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。