So-net無料ブログ作成
検索選択

『瀬川くんはゲームだけしていたい。』中谷栄太 [GA文庫]

 タイトル通りの話だが、ゲーム好きな高校生の主人公の少年の回りには、幼馴染み以外に、変なヒロインが次々に現れるという話になっている。ゲームネタも出てくるが、基本的んはラブコメになっている。この手の話としては意外にオーソドックスだが、かえって読み易い。話はまとまっているが、続きは出せる構造なので、期待したい。
タグ:中谷栄太
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

『S級御曹司たちがゆく、異世界契約支配者生活』明月千里 [GA文庫]

 異世界に飛ばされた主人公達は元々持っていたチートスキルを用いて、異世界で生きていくという話。最近では良くある設定であるが、世界がゲーム的な世界に設定されているだけでなく、かなり凝っている。話の展開は、割とオーソドックスではあるが、上手くまとまっている。続きも出ているが、二巻で完結している。
タグ:明月千里
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

『灰燼の魔法士と魔導戦艦』葉月双 [GA文庫]

 敵に捕らわれていた主人公の少年は海上学園に再入学するが、そこに謎の少女が現れて助けを求めてくるという話。この手のバトル物としては、オーソドックスではあるが、設定はかなりスケールが大きい。割とストーリーは凝っているが、2巻で完結しているのはちょっと残念である。
タグ:葉月双
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

『そのオーク、前世ヤクザにて』機村械人 [GA文庫]

 新人賞の優秀賞受賞作。タイトル通りの話で、ヤクザだった主人公が目覚めたらオークになっていて、騎士団の下働きになるという話。オーソドックスなファンタジーで、ストーリーも大体、予想出来るようなものではあるが、上手くまとまっている。既に二巻まで出ている。新人にしては読み易い。続きにも期待したい。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

『デボネア・リアル・エステート』山貝エビス [GA文庫]

 新人賞の奨励賞受賞作。傭兵の主人公の少年は、仕事も金もないので、不動産屋に雇われることになるという所から始まる話。不動産屋的な話もあるけれど、全体としてのストーリーは別にある。それなりに癖のある話ではあるが、キャラクターが割と強烈なだけではなく、話はどんどん展開していくと言う意味で勢いがある。ストーリーは上手くまとまっている。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

『くじ引き特賞:無双ハーレム権』三木なずな [GA文庫]

 くじ引きによって異世界に転移した主人公はチート能力を手に入れ、ハーレムを構築していくという話。なろう系ではあるが、元々商業作家なので、文章も読みやすいし、非常に上手く話を構成している。続きも既に出ている。
タグ:三木なずな
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

『ゴブリンスレイヤー』蝸牛くも [GA文庫]

 ゴブリン専門の冒険者が主人公の話。オーソドックスなファンタジーではあるが、基本的には割とクラシックテーブルトークRPGの香りがする話である。設定は結構、ダークと言うか、残酷でもある。話は一応、まとまっているが、続きが出ることも決まっているので、期待したい。
タグ:蝸牛くも
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:

『東京異界のバリスタ』手島史詞 [GA文庫]

 異界として隔離された東京でバリスタとして働く主人公の下に記憶喪失の少女が現れるという所から始まる話。タイトルからすると、異世界でバリスターとして働く話なのかと思いかねないが、実はそうではなくて、隔離された東京での異能バトル物である。割と、落ちついた雰囲気の話であるが、戦闘の話とそうでない部分が微妙にマッチしていない感じもしないでもない。話は一応は完結している。
タグ:手島史詞
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

『りゅうおうのおしごと!』白鳥士郎 [GA文庫]

 竜王の主人公の所に女子小学生の弟子が押し掛けてくる話。将棋物であるが、将棋を知らなくても楽しめる作りになっている。ストーリーの構成は上手く、一気に読ませる。割と、熱い話になっている。既に続きも出ることが決まっているが、期待したい。
タグ:白鳥士郎
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

『騎士王候補の守護執事』伊藤ヒロ [GA文庫]

主人公の少年は、守護執事として、騎士の学園で騎士王を目指す少女のために戦うという話。学園物の異能バトルである。この作者のことなので、割と、戦闘シーンや設定は癖が強いが、話自体はオーソドックスで読み易い。話は一応はまとまっているが、続きに期待したい。
タグ:伊藤ヒロ
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。