So-net無料ブログ作成
ダッシュエックス文庫 ブログトップ
前の10件 | -

『電脳格技メガフィストガールス』杉井光 [ダッシュエックス文庫]

 高校生の主人公の少年は授業をサボってゲーセン通いをしていたが、ある日、主に格ゲーを遊ぶクラブに強制的に入らされるという所から始まる話。格ゲーの話だが、最近はまた、ある程度流行っているようで、コミックでも『いつかみのれば』(西あすか)といったひたすら格ゲーの話しか出てこないのもある。話は完結しているが、続きも出せそうなので期待したい。また、同じ作者でスマホゲーがテーマの『恋してるひまがあるならガチャ回せ!』(電撃文庫)という作品も続いて出ている。
タグ:杉井光
nice!(0)  コメント(0) 

『マヨの王』伊藤ヒロ [ダッシュエックス文庫]

 妹と一緒に異世界へ転生した主人公は、その世界では禁止されているマヨネーズを使って、騒動を起こしていくという話。異世界転生物では良くある小ネタを軸に話を展開している。ある種ありがちな話ではあるが、ストーリーは上手くまとまっており、一気に読ませる。続きに期待したい。
タグ:伊藤ヒロ
nice!(0)  コメント(0) 

『骨の髄まで異世界をしゃぶるのが鈴木なのよー!!』望月充っ [ダッシュエックス文庫]

 異世界召喚の時に本来召喚されるはずの人を押しのけて召喚された主人公は口先だけで異世界を渉っていくという話。基本的には良くあるタイプの話のパロディーになっている。コメディーとしてはそれなりに良く出来ている。話はこれで完結している。
タグ:望月充っ
nice!(0)  コメント(0) 

『若者の黒魔法離れが深刻ですが、就職してみたら待遇いいし、社長も使い魔もかわいくて最高です!』森田季節 [ダッシュエックス文庫]

 タイトル通りの話である。元はウェッブ小説で、そういった感じの話で、一話ごとが割と短めになっている。サクサクと読み易い。続きも2巻まで出ている。
タグ:森田季節
nice!(0)  コメント(0) 

『道-MEN』アサウラ [ダッシュエックス文庫]

 独立した北海道に潜入してきた工作員らしき少女の対応に特殊機密部隊が当たることになるところから始まる話だが、そういうスパイ物とかではなく、時々戦闘もあるけれど、北海道の食べ歩きみたいな話になっている。設定は色々とぶっ飛んでいるが、話自体は上手くまとまっていて一気に読ませる。ストーリーは完結している。
タグ:アサウラ
nice!(0)  コメント(0) 

『魔法使いは終わらない』八薙玉造 [ダッシュエックス文庫]

 銃の発達により魔法使いが時代遅れになっている状況で、主人公の亡国の姫は戦い続けていたが、ある傭兵と出会い、大規模な戦争に参加することになるという話。キャラクターはやはり微妙に変ではあるが、ストーリーはオードソックスだが、盛り上がる。全体としても非常に面白い。続きに期待したが、未だに出ていないのは残念である。
タグ:八薙玉造
nice!(0)  コメント(0) 

『ソシャゲライタークオリアちゃん』下村健 [ダッシュエックス文庫]

 大学生の主人公は、ソーシャルゲームのライターになったところから始まる話。業界物というか、お仕事物としては非常に良く出来ているのだが、必ずしも、小説としては読みやすいわけでもない。構成はかなり短く区切られているが、考えてみれば、ソシャゲの構成に近くなっているのであろう。
タグ:下村健

『私たち殺し屋です、本当です、嘘じゃありません、信じてください。』兎月竜之介 [ダッシュエックス文庫]

 タイトル通りの話で、殺し屋の少女二人組が旅をして、しょっちゅう、捕まったりする話。一発ネタ系の話ではあるが、なかなか面白い。この作者のことなので、百合っぽいところもある。これで完結はしているが、続きも出せそうではある。
タグ:兎月竜之介

『メロディ・リリック・アイドル・マジック』石川博品 [ダッシュエックス文庫]

 高校に入学した主人公の高校生は、寮に入るが、そこはアイドルが住んでいるところでもあったと言うところから始まる話。アイドル物ではあるが、それなりに捻ったところはある。これで完結している。相変わらず、密度の濃い話になっている。
タグ:石川博品

『異世界作家生活』森田季節 [ダッシュエックス文庫]

 中堅小説家の主人公は異世界で小説教室を開くことになるという話。連作短編的な構成になっていて、何となく、ウェッブ小説風でもある。この手の話としてはオーソドックスではあるが、上手くまとまっていて、読み易い。続きにも期待したい。
タグ:森田季節
前の10件 | - ダッシュエックス文庫 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。