So-net無料ブログ作成
検索選択
星海社文庫 ブログトップ

『灰燼のカルシエール』桜井光 [星海社文庫]

滅亡した世界で、最後の人である青年と少女が旅を続ける話。スチームパンクシリーズの最後の話だそうだが、オーソドックスなスチームパンクと言うよりは、スチームパンクの世界が壊れてしまっている話である。とはいえ、『ビッグ・オー』も雰囲気はかなり近い物があったか。こちらは完全に滅亡後の世界ではあるのだが。話はこれで完結している。
タグ:杉井光
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

『鬼哭街』虚淵玄 [星海社文庫]

妹の仇を討つために上海へ戻った男が主人公の話。サイバーパンクではあるが、武侠物というか、ガンカタ物でもある。元々はゲームのノベライズで既に角川スニーカー文庫から出た物を一冊にまとめている。戦闘シーンは迫力があるが、ストーリーも結構、驚愕の展開になっている。実はSFとしてもかなり本格的であるのだが、意外にその点は評価されていないようも気もする。
タグ:虚淵玄
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:
星海社文庫 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。