So-net無料ブログ作成
検索選択
光文社 ブログトップ

『トネイロ会の非殺人事件』小川一水 [光文社]

ミステリーの短編集。三話あるので、短編と言うよりは中編といった方が良いかもしれない。内容はかなり、バラエティーに富んでいる。その内、最初のはSF的な設定ではある。ミステリーとしては割とトリック重視の方である。なお、非殺人事件というタイトルであるが、殺人が起きないというわけではない。殺人事件が起きるのもあるが、全体的に雰囲気は明るいとまではいかないが、暗いわけでもない。ミステリーとしては標準的な出来か。一番面白かったのは、SF寄りのミステリーなので、そちらの路線が一番向いているのかもしれない。
タグ:小川一水
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

『吸血鬼と精神分析』笠井潔 [光文社]

間に一冊日本編の『青銅の悲劇』を挟んでいるが、これは『オイディプス症候群』の次の話で、時間的にもすぐ後に設定されている。今回は、タイトル通り精神分析がテーマだが、思想家としてネタになっているのはラカンとクリステヴァである。ただ、単にネタになっていると言うだけではなく、主人公の一人のナディア自身がPTSDになり、医者に通うところから話が始まっている。今回も、思想と事件が結び付いているが、相変わらず、思想の使い方がある意味では酷い。『青銅の悲劇』は日本編だったが、あちらは一種の館物で、ちまちまとアリバイの検証をしていたが、こちらは連続殺人犯が相手なので、パリを舞台に結構、動きが大きい。犯人はある程度は予想は付くが、それなりに意外性もあり、ネタも思想や精神分析と上手く関係させているが、時代設定を考えると、多少、反則な気もする。『青銅の悲劇』ほど冗長ではなく、分厚いが読みやすかった。次作も早く、まとめて貰えると良いのだが。 
タグ:笠井潔
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:
光文社 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。