So-net無料ブログ作成
検索選択
さらさ文庫 ブログトップ

『ロクサリーヌ夜話 ~夜の王女と輝ける海~』榛名しおり [さらさ文庫]

地中海を舞台にした歴史ロマン。読んではいないが、この作者の他のシリーズの外伝にあたるようだ。高級娼婦とペルシア海軍士官の恋と言うことで、非常にオーソドックスな話になっている。さすがに途中の展開は上手く、飽きさせない。これで完結している。

このレーベルは、どうも、潰れてしまったようだが、やはり、既存のとは多少エロあり以上の違いは無かったような気がする。とはいえ、他にも別のレーベルが登場しており、少し異なった試みが出てくるのは良いのかもしれない。
タグ:榛名しおり
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

『ロマンチックはいらない』たかもり諫也 [さらさ文庫]

伯爵家を守るために金持ちの平民と結婚することになった少女が主人公の話。ストーリー的には、ティアラ文庫あたりのファンタジーと同じであるが、ストーリーメインで最後に、多少にエロありというコンセプトのようである。非常にオーソドックスな展開になっている。作者は久し振りであるが、ストーリー的には癖はなくなっている。とはいえ、その分読みやすくなっている。


このレーベルは、新規参入だが、もう撤退が決まっているようである。コンセプトは多少エロありと言うことのようで、それなりに作家を揃えていたのだが、売れ行きと言うよりも、むしろ、やる気と行った面で撤退が決まったようである。考えてみれば、少女小説系は、男性向けに比べると、最近はそもそもパイが小さいが、他方で、読者の高齢化も進んでいるので、コバルト当たりとティアラの中間というところを狙ったのだろう。続ければ、一迅社アイリスぐらいのところまで入ったような気もする。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:
さらさ文庫 ブログトップ