So-net無料ブログ作成

『文字魔法×印刷技術で起こす異世界革命』藤春都 [HJ文庫]

 印刷屋をやっている主人公の青年が異世界に召喚され、文字を禁忌とする世界で文字を普及させようとする話。と言っても、エロ本をばらまくという展開になっているところが特徴である。設定は割とオーソドックスなファンタジーになっている。話は上手くまとまっているが、続きも出せなくはないであろう。
タグ:藤春都
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:

『ギャルスレイヤーだけどギャルしかいない世界に来たからギャルサーの王子になることにした』白乃友 [HJ文庫]

 ギャルスレイヤーだった主人公がギャルしかいない世界に飛ばされるところから始まる話。かなり、ぶっ飛んだ設定だが、話はこの手の物としては割とオーソドックスである。展開も速いが、密度も濃く、一気に読ませる。話はこれで完結している。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

『魔王な俺がエルフを嫁にしたんだが、どう愛でればいい?1』手島史詞 [HJ文庫]

 悪の魔術師として恐れられている主人公がエルフの少女の奴隷をオークションで手に入れるという話。ラブコメ寄りではあるが、結構、敵が襲ってきたりと、ファンタジーとしてはオーソドックスな作りである。話は完結しているが、続きも出るようなので期待したい。
タグ:手島史詞
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

『置き去り勇者と不死鳥の翼』富永浩史 [HJ文庫]

 異世界に不時着したパイロットは、空から飛来するモンスターを倒すのに協力することになるという話。飛行機物だが、ファンタジーも入った話になっている。展開は割とありがちではあるが、結構、コメディー寄りである。話はきちんとまとまっているが、続きも出せる構造なので期待したい。
タグ:富永浩史
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

『ルミナス☆アイドル』庄司卓 [HJ文庫]

 アイドル物。主人公は高校生の少年で、幼馴染みの少女達をプロデュースすることになるという話。アイドルもの自体は他の所では結構、流行っているけれど、ライトノベルでは意外に数が少ない。話自体は上手くまとまっている。続きも出せる話なので期待したい。
タグ:庄司卓
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

『異世界でトレーナーをしています。』わかつきひかる [HJ文庫]

 タイトル通りの内容で、トレーナーの主人公が異世界に飛ばされ、トレーナーの知識を活かして生活していくという話である。この手の話は最近、流行りではあるが、主人公がトレーナーという所が特徴である。連作短編的な構成になっている。話はこれで完結している。ある意味、ありがちではあるが、上手くまとまっている。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

『 命がけのゲームに巻き込まれたので嫌いな奴をノリノリで片っ端から殺してやることにした1』中田かなた [HJ文庫]

 新人賞の大賞受賞作。タイトル通りの話だが、それなりの仕掛けは当然ある。アンチヒーロー物というか、ピカレスク物というか、そういう体裁ではあるが、必ずしもそうでもない面もある。話はこれで完結しているが、既に続きも出ている。新人にしては上手くまとまっている。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

『不器用な天使の取扱説明書』黒木サトキ [HJ文庫]

 新人賞の受賞作。脱オタを目出す高校生の主人公の少年は、同級生のマンガを書いている少女を手伝う羽目になるという話。最近は、『冴えない彼女の育て方』のような話は時々、現れているが、基本的には似たような話である。こちらは、同人誌を合作する話である。多少、ラブコメ的な展開もあるし、話も上手くまとまっていて、好く出来ている。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:

『金属バットの女』ちゅーばちばちこ [HJ文庫]

 新人賞の特別賞受賞作。主人公の少年は、ある日変な女の子と一緒に暮らすことになるという話である。とはいえ、一昔前のテイストの設定で、いわゆるセカイ系的な雰囲気はあるのだが、それで終わるという話でもなく、壊れた話になっている。このレーベルの新人賞受賞作は、時々怪作が出てくるのだがこれもその一つである。話は一応、完結している。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

『教導覇帝の完戦常勝譚』稲波翔 [HJ文庫]

 英雄の少年の主人公は祖国に戻り、幼馴染みの駄目王女達を助けることになるという話。戦記物ではあるが、設定は多少捻ってあって、ストーリー自体はオーソドックスだが、上手くまとまっている。既に続きも出ているが、なかなか期待出来そうではある。
タグ:稲波翔
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ: