So-net無料ブログ作成
検索選択

『アンチスキル・ゲーミフィケーション 不機嫌なエルフに捧げる異世界攻略サイト』土橋真二郎 [MF文庫J]

 異世界に飛ばされた主人公の少年はあらゆる問題を解決する攻略サイトを立ち上げるという話。最近は割と流行っているタイプの設定ではあるが、結構、シビアなところもあるし、また、この作者が好きなゲームも登場したりと、流行に寄せてはいるけど、見掛けよりは異なる。話はまとまっているが、続きは出せる構造なので、期待したい。
タグ:土橋真二郎
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

『聖剣転生してギャルと・・・!?』落合祐輔 [MF文庫J]

 聖剣に転生してしまった主人公は、ギャルの女剣士に拾われるところから始まる話。この手の話としては割とオーソドックスではあるが、ストーリーは上手く構成されているだけでなく、読み易い。ギャルネタの話は最近、ちらほらあるけれど、意外と流行っているのかもしれない。話はまとまっているが、続きも出せそうなので、期待したい。
タグ:落合祐輔
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:

『エルフでビキニでマシンガン!』神野オキナ [MF文庫J]

 タイトル通りの話だが、高校生の主人公の少年は不思議な先輩と出会い、その結果、エルフがビキニ姿でマシンガンを打つ世界へと飛ばされるとことになるという話。ファンタジーと言うよりは、SF寄りなのだが、全体的にアメリカ映画が元ネタか。話は上手くまとまっているが、続きも出せる構造なので、期待したい。
タグ:神野オキナ
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

『クソゲー・オンライン(仮)』つちせ八十八 [MF文庫J]

 主人公は、1層しか実装されていないVRMMOで、逃げた運営の代わりをすることになるという話。基本的にはコメディーだが、なかなかネタは酷い。話は上手くまとまっているが、既に二巻まで出ている.それなりに楽しめるので、期待したい。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

『押し入れの中のダンジョンクラフト』からて [MF文庫J]

 押し入れの中にダンジョンが出来ていて、入ってみると死んだ筈の妹がいたというところから始まる話。ほのぼの系と言うよりは、割とシリアスな展開になっている。話は上手くまとまっていて、完結している。この作者は全部、一巻で完結しているものしか書いていないが、最近は特に珍しいタイプか。
タグ:からて
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

『ハイスクール・フリート いんたーばるっ』姫ノ木あく [MF文庫J]

 アニメのノベライズだが、外伝で短編集になっている。割と日常系の話が多い。この手の話としては割と良く出来ている。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

『異世界とわたし、どっちが好きなの?』暁雪 [MF文庫J]

 異世界好きな高校生の主人公の少年が同じように異世界好きな少女と出会って、異世界に行くためのポイントを貯めるために色々なイベントをこなすことになる話。ラブコメではあるが、設定はかなり捻ってあるのだが、話自体は割と単純である。ストーリーは上手くまとまっていて、これで完結している。
タグ:暁雪
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

『姫様、世界滅ぶからごはん食べ行きますよ!』おかざき登 [MF文庫J]

 主人公の高校生の少年のところに、気分が沈むと世界が滅亡するという少女が異世界から現れ、一緒に住むことになるという話。気分が沈まないように美味しい物を振る舞うという話になっている。割と最近、それなりに流行っているグルメ物だが、作者は以前から、グルメネタが多かったので、意外性はないし、話も上手くまとまっている。続きが出るようなので、期待したい。
タグ:おかざき登
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

『異世界拷問姫』綾里けいし [MF文庫J]

 異世界に転生した主人公は拷問姫を名乗る美少女に従者として仕えることになるという話。ダークなファンタジーではあるが、意外にコメディー寄りなところもある。雰囲気的には、同じ作者だと、「B.A.D.」シリーズと似たような感じではある。話はまとまっているが、続きも出そうなので期待したい。
タグ:綾里けいし
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:

『剣魔剣奏剣聖剣舞』嬉野秋彦 [MF文庫J]

 神剣を操る剣聖の一人である主人公は、敵の剣聖と出会うところから始まる話。ファンタジーとしては、かなり本格的で、設定も凝っている。ただ、今回は人物紹介で実質的に終わってしまったような感じである。と言うわけで、続きに期待したい。
タグ:嬉野秋彦
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ: