So-net無料ブログ作成
検索選択
2017年04月| 2017年05月 |- ブログトップ
前の10件 | -

『裏世界ピクニック』宮澤伊織 [ハヤカワJA]

 女子大生の主人公は危険な裏世界へそこで知り合った女性と探検するようになるところから始まる話。異世界探検と言っても、割と、怪談とかホラー寄りで、不条理である。連作短編的な形式になっている。話は完結しているが、続きが出せる構造なので、期待したい。
タグ:宮澤伊織
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

『ガチャにゆだねる異世界廃人生活』時野洋輔 [富士見ファンタジア文庫]

 カクヨムの受賞作。内容はタイトル通りのウェッブ小説には良くあるタイプの話であるが、テンポ良く進んで話は面白い。ガチャが出来ると言っても、そんなにレアが来るわけではないのだが、スキルもガチャで来るので、結局、チート的に強くなる設定である。話はまとまっているが、続きも出ることが決まっているので、期待したい。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

『デート・ア・バレット デート・ア・ライブ フラグメント』東出祐一郎 [富士見ファンタジア文庫]

 『デート・ア・ライブ』の外伝だが、作者は異なる。本編とは結構、雰囲気は異なる。記憶少女の純正礼が殺し合う話である。いわゆるデスゲーム的な設定だが、ストーリーは結構、凝っていて、仕掛けも多い。話は上手く構成されている。これで完結している。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

『屈折する星屑』江波光則 [ハヤカワJA]

 廃棄指定済みのコロニーで、鬱屈した毎日を過ごす主人公が、火星から亡命してきた元軍人と出会うところから始まる話。この手の話としてはかなりオーソドックスではあるが、上手くまとまっている。暫く、この手の話はそれほどは書かれていなかったが、また、需要が出て来たからなのか、あるいは、むしろ、時代の雰囲気に合うようになったのか。話はこれで完結している。
タグ:江波光則
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

『異端なる尋問官の事件調書 file.01 虐殺と誘惑の少女』永野水貴 [ノベルゼロ]

 尋問官の主人公がある奇怪な事件を担当することになるところから始まる話。この手の話としてはオーソドックスではあるが、構成は良く出来ていて、謎解きも上手い。話は完結しているが、続きは出せるので、期待したい。
タグ:永野水貴
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

『キラプリおじさんと幼女先輩』岩沢藍 [電撃文庫]

 女児向けアイドルアーケードゲームに熱中する高校生の主人公が、小学生のプレイヤーと出会うところから始まる話。ストーリーは割とオーソドックスではあるが、話の作りは上手く、一気に読ませる。話は完結しているが、続きは出せる構造なので、続きに期待したい。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

『プロデュース・オンライン』田尾典丈 [富士見ファンタジア文庫]

 VRMMOで何故か、同級生の声優の演技指導をする羽目になった高校生の少年が主人公の話。設定は色々捻ってあるけど、割とオーソドックスなラブコメ的な話になっている。話はこれで上手くまとまっているが、続きも出そうなので期待したい。
タグ:田尾典丈
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

『ほま高登山部ダイアリー』細音啓 [ガガガ文庫]

 登山部に入る羽目になった高校生の少年が主人公の話。登山の話は割と本格的である。この手の話としてはオーソドックスな作りではあるが、上手くまとまっている。続きも出せそうなので、期待したい。
タグ:細音啓
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

『通常攻撃が全体攻撃で二回攻撃のお母さんは好きですか?』井中だちま [富士見ファンタジア文庫]

 新人賞の大賞受賞作。ゲーム世界に転送されたら、何故か、母親と一緒に冒険をすることになるという話。コメディーとしてはそれなりに面白いし、話も上手くまとまっている。既に続きも出ているが、基本的には一発ネタであるとは思うのだが。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

『最悪探偵』望公太 [ノベルゼロ]

 探偵事務所で働き始めた主人公は、最悪な探偵と会い、様々な事件に取り組んでいくという話。思ったよりも、本格的というか、新本格のパロディーになっていて、ミステリーとしてもまともではあるが、基本的にメタネタばかりなので、ある程度知らないと分かりにくそうではある。話は続けられる構造ではあるが、ある種究極的なネタを使っているので、これで終わりそうな感じもしないでもない。
タグ:望公太
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:
前の10件 | -
2017年04月|2017年05月 |- ブログトップ