So-net無料ブログ作成
検索選択

ライトノベル2015年のまとめ [ベスト]

とりあえず、2015年のライトノベルのベストなどをまとめてみたが、ここではそれ以外の点について、いくつか、まとめてみる。

既にかなり指摘されているけれど、なろう系というか、ウェッブ小説系が出版されているものの一定割合を占めていることである。新人賞にも及んでいるわけで、

この世の全てはこともなし 2015年に発売したライトノベル新人賞作品・後編 〜やっぱり小説家になろう発の作品が増えていました〜
http://blog.livedoor.jp/gurgur717/archives/51617399.html

によると、1/4の新人賞作品がなろう経由だとか。新人もなろう系が増えてくると、この先どう変わるのかは、ちょっと気になる。良い点も悪い点も色々ありうるが、一つ気になるのは、ライトノベルはそもそも、打ち切り作品、あるいは未完の物が結構、多いのだが、なろう系はそもそも完結していない時点で出版しているので、やはり、未完に終わる物がさらに増えそうだという点である。

レーベルは出来たと思ったら、潰れたりといったところもあるが、KADOKAWA系が強いのは変わらない。ただ、電撃文庫は現状維持といった感じだが、MF文庫Jが刊行点数が多少減少したり、ファミ通文庫が点数が減ってノベライズメインになってきたりしているのは気になる。統合でレーベルの整理をするのかと思ったが、むしろ増やしている。他の出版社では、平積みで目立つのがモンスター文庫、ヒーロー文庫になってきていて、なろう系が売れているのが分かる。後は、一迅社文庫から遂にアニメ作品が登場と言うところか。

ライトノベルの周辺では、メディアワークス文庫から、ずっと新しいレーベルが誕生しているが、T-LINEノベルズは出来たと思ったら、どうやら潰れてしまったようである。今年は、KADOKAWAからノベルゼロというのが創刊されるが、作家はKADOKAWA系でどうやら男性向けのようである。どこかで誰かが、メディアワークス文庫が女性向けになってしまったので、作ったのでは無いかというようなことを言っていたが、確かにそうは思える。ジャンルもファンタジーメインのようだが、なろう系とは差別化を図るのだろう。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:

『 命がけのゲームに巻き込まれたので嫌いな奴をノリノリで片っ端から殺してやることにした1』中田かなた [HJ文庫]

 新人賞の大賞受賞作。タイトル通りの話だが、それなりの仕掛けは当然ある。アンチヒーロー物というか、ピカレスク物というか、そういう体裁ではあるが、必ずしもそうでもない面もある。話はこれで完結しているが、既に続きも出ている。新人にしては上手くまとまっている。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

ライトノベル・ベスト2015(その2) [ベスト]

ライトノベルのベストの新人枠であるが、今年は新人賞受賞作はあまり読んでおらず、後から、評判の良いのを買ったりしている。

『魚里高校ダンジョン部!』安歩みつる [ファミ通文庫]
http://maxim.blog.so-net.ne.jp/2015-05-03
2巻まで出ているが、そこで終わってしまっているのは残念である。

『ウィッチハント・カーテンコール』紙城境介 [ダッシュエックス文庫]
http://maxim.blog.so-net.ne.jp/2015-08-13-1
ミステリーだが、ファンタジーとしてもなかなか良く出来ている。ネタはSF寄りではあるが。

『紅霞後宮物語』雪村花菜 [富士見L文庫]
http://maxim.blog.so-net.ne.jp/2015-09-25-1
評判が良いので買った見たが、確かに面白い。既に2巻まで出ている。

不器用な天使の取扱説明書』黒木サトキ [HJ文庫]
http://maxim.blog.so-net.ne.jp/2016-01-02-7
マンガを書く話だが、昨年は同じようなネタの作品がいくつか出ているが、そういったものと比べても、劣る感じはしない。

『ひとつ海のパラスアテナ』鳩見すた [電撃文庫]
http://maxim.blog.so-net.ne.jp/2015-05-03-5
テーマがちょっと変わっているが、なかなか面白い。既に3巻まで出ている。

今年は電撃文庫の受賞作も一冊しか買わなかったし、見のがした作品も色々ありそうではあるのだが、新人賞経由でない新人が増えているし、仕方ないか。


怪作枠は少なめであるが、4作ほどはある。

『補習クラスのデバッガーズ』夏綠 [ガガガ文庫]
http://maxim.blog.so-net.ne.jp/2015-03-17
怪作と言うほどでもないが、ちょっと変なところはある。元々、微妙に外したネタが多い作家ではあるが。

『何かが深海からやってくる』宮澤伊織 [一迅社文庫]
http://maxim.blog.so-net.ne.jp/2015-08-20-2
この作者は基本的には、SF寄りだが、今回はクトゥルフ+特撮的なネタで、色々と詰め込みすぎ的な感じである。

『金属バットの女』ちゅーばちばちこ [HJ文庫]
http://maxim.blog.so-net.ne.jp/2015-12-20-1
HJ文庫の新人賞の怪作枠である。と言っても、講談社BOX当たりだったら、普通という感じもしないでもない。

『妹さえいればいい。』平坂読 [ガガガ文庫]
http://maxim.blog.so-net.ne.jp/2015-05-03-14
怪作枠に入れるのもどうかとは思うけど、結構、酷い話である。

今年は怪作も読んだ中では少なめだった。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:

ライトノベル・ベスト2015(その1) [ベスト]

2015年のライトノベルのベストをまとめてみた。新人は別枠で、2巻目以降はそもそも、感想を書いていないので、対象外になっている。

ベスト10(順番は付けない)
『おともだちロボ チョコ』入間人間 [電撃文庫]
http://maxim.blog.so-net.ne.jp/2015-05-06-2
ちょっと不思議な話である。

『実存系ドグマストラ 1.勇者タケジョーの青き流転』十文字青 [T-LINEノベルズ]
http://maxim.blog.so-net.ne.jp/2015-05-03-2
迫力のあるファンタジーだが、レーベルがどうも潰れたようで、続きに関しては残念ながら不透明である。

『ワールド・ウォーカーズ・クロニクル』翔田大介 [HJ文庫]
http://maxim.blog.so-net.ne.jp/2015-07-13
世界を渡り歩く話だが、意外と最近はないタイプの話でもある。

『七星のスバル』田尾典丈 [ガガガ文庫]
http://maxim.blog.so-net.ne.jp/2015-09-25-3
オンラインゲーム物。ストーリーとか設定は意外とありがちではあるが、話の作りは上手い。

『犬と魔法のファンタジー』田中ロミオ [ガガガ文庫]
http://maxim.blog.so-net.ne.jp/2015-08-20-1
タイトルから期待されるものとはかなり異なり、実は就職活動がテーマだったりする。

『戦艦学園のグラムリッター』手島史詞 [富士見ファンタジア文庫]
http://maxim.blog.so-net.ne.jp/2015-12-06-6
これも最近は良くあるタイプの話ではあるが、良く出来ている。

『いらん子クエスト』兎月竜之介 [ダッシュエックス文庫]
http://maxim.blog.so-net.ne.jp/2015-08-20-5
デスゲーム系の話だが、その中でも結構、酷い話である。

『コロシアム』土橋真二郎 [電撃文庫]
http://maxim.blog.so-net.ne.jp/2015-05-06-1
毎回、同じような話ではあるが、これは2巻目が面白い。

『バビロン Ⅰ -女-』野崎まど [講談社タイガ]
http://maxim.blog.so-net.ne.jp/2015-12-21-2
話の展開が良く出来ている。

『メイキュー!』森崎亮人 [角川スニーカー文庫]
http://maxim.blog.so-net.ne.jp/2016-01-02-9
作者は、新人かと思ったら、ノベライズはかなり書いている人で、さすがに上手い。


以下は次点
『アルテミジアの嗜血礼賛』扇智史 [一迅社文庫]
http://maxim.blog.so-net.ne.jp/2015-03-17-1

『英雄教室』新木伸 [ダッシュエックス文庫]
http://maxim.blog.so-net.ne.jp/2015-04-06

『姫騎士とキャンピングカー』三木なずな [角川スニーカー文庫]
http://maxim.blog.so-net.ne.jp/2015-11-30-1

『下読み男子と投稿女子』野村美月 [ファミ通文庫]
http://maxim.blog.so-net.ne.jp/2015-08-14-2
『WEB小説家になろうよ。』早矢塚かつや [ダッシュエックス文庫]
http://maxim.blog.so-net.ne.jp/2015-12-13-1
両方とも、小説を書く話で、割と似た感じであるが、新人賞受賞作にも同じようなのがあったりする。

『りゅうおうのおしごと!』白鳥士郎 [GA文庫]
http://maxim.blog.so-net.ne.jp/2015-12-06-1

『彼女が捕手になった理由』明日崎幸 [一迅社文庫]
http://maxim.blog.so-net.ne.jp/2015-12-06-4
珍しい野球物。

『ふぉーくーるあふたー』水沢夢 [ガガガ文庫]
http://maxim.blog.so-net.ne.jp/2016-01-03-1
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:

『超人幻想 神化三六年』會川昇 [ハヤカワJA]

 「コンクリート・レボルティオ」のノベライズ。話は前日譚で、本編とは独立した話になっている。アニメと同じく、割と複雑な構成になっているが、基本的にはSFである。話は上手くまとまっている。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ: