So-net無料ブログ作成

『七星のスバル』田尾典丈 [ガガガ文庫]

 高校生の主人公の少年が、ログインしたMMORPGで6年前に死んだ筈の幼馴染みと出会うところから始まる話。人物の配置などは、『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』にかなり、似ているが、登場人物はまだ、全部出揃っていないようなので、恐らく、割と違う方向になるのだろう。設定は、結構、凝っているだけでなく、上手く構成されており、ストーリーもまとまっている。とりあえず、導入と言った感じではあるが、続きに期待したい。
タグ:田尾典丈

『OBSTACLEシリーズ 激突のヘクセンナハトⅠ』川上稔 [電撃文庫]

 封印された魔女を十年ごとに撃破するために、戦う力を養成する学校が舞台の話。この作者のことなので、戦闘シーンが非常に多い。そのせいで、やはり、分厚い。何というか、変態キャラが出てこないからか、雰囲気はすっきりしている。話は区切りは付いているが、続きも出るようなので、期待したい。
タグ:川上稔

『紅霞後宮物語』雪村花菜 [富士見L文庫]

 新人賞の受賞作。軍人の主人公の女性は、突然、皇后になったが、後宮の陰謀に対処することになるという話。中華風のファンタジーだが、最近は、それなりにあるタイプの話である。実は非常にオーソドックスな少女小説なのだが、何故、このレーベルなのかという感じもする。とはいえ、この手のレーベルは実質女性向けがメインなので、それで良いのだろうが。ストーリーは上手くまとまっており、既に続きが出ることも決定しているので、続きに期待したい。」

『仮面魔女の解放戦記』すえばしけん [HJ文庫]

 異世界から飛ばされてきた魔術師の少年が帝国に追われる姫と出会い、反乱軍に協力することになる話。結構、最近は良くあるタイプの話ではあるが、色々と仕掛けもあるし、設定も凝っていて、本格的である。ストーリーは上手くまとまっており、続きに期待したい。

『王とサーカス』米澤穂信 [東京創元社]

『さよなら妖精』の続編というか、そこで登場した人物が探偵役になっている。舞台は何故か、ネパールである。ミステリーとしてはオーソドックスである。フーダニットというよりは、ホワイダニットの方が焦点になっている。割と、伏線は丁寧に張られているので、ある程度は見当が付きやすい。今回は日常の謎ではないが、かなり新本格のテイストもあるような気がする。
タグ:米澤穂信

『横浜ダンジョン』瀬尾つかさ [角川スニーカー文庫]

世界各地にダンジョンが出現した世界で、前世では賢者だった少年は、能力を隠して生きていたが、同級生の少女を助けたことで、ダンジョン攻略に乗り出すことになるという話。この作者の他のダンジョン物と大体似たような感じである。話はまとまっているが、続きも出せそうである。
タグ:瀬尾つかさ

『獣娘小隊にやる気なし司令官が着任しました。』三門鉄狼 [ファミ通文庫]

 やる気の無い軍人の主人公が、暇な基地の司令官になるところから始まる話。ファンタジーの戦記物であるが、雰囲気はちょっと独特でもある。割とほのぼのというか、コメディー寄りでもある。話はまとまっているが、戦記物の導入としてはちょっと地味な感じがしないでもないが、人物紹介と言うことか。続きにも期待したい。
タグ:三門鉄狼

『神話大戦ギルガメッシュナイト』翔田大介 [HJ文庫]

神話の欠片に選ばれた能力者が闘う話。この手の話としてはオーソドックスだが、設定は結構、凝っている。話は導入という感じだが、上手くまとまっている。既に2巻も出ているが、割と手堅く続いている。
タグ:翔田大介

『いらん子クエスト』兎月竜之介 [ダッシュエックス文庫]

中学生の少女の主人公は自分のことを「いらん子」だと思っていたが、ある日、異世界に飛ばされ、デスゲームに巻き込まれることになるという話。単純なバトルロワイヤルではないが、人狼系に似ているけど、ある意味もっと単純な仕組みではあるが、その分、エグい面もある。話はこれで完結しているが、最後まで、ブラックな話になっている。この手の話としては、非常に上手く構成されている。
タグ:兎月竜之介

『SとSの不埒な同盟』野村美月 [ダッシュエックス文庫]

高校生の主人公の少年は、美術部に入部したが、その目的は美術室が空見える合奏部の少女を観賞することであったが、美術部にもう一人、音楽室を眺める美少女の部員がいたというところから始まる話。両方とも、ドSで、お互いに協力するというストーリーだが、展開は結構、目まぐるしく、ちょっと捻ったラブコメとしてはなかなか良くできている。連作短編的な構成ではあるが、元々、第一話は独立した短編だった。続きが出ることも決まっているので、期待したい。
タグ:野村美月