So-net無料ブログ作成
検索選択

『月とライカと吸血姫』牧野圭祐 [ガガガ文庫]

 有人宇宙飛行計画が進行している時代に、実験飛行で吸血鬼を使う計画が進行していたという話。ソ連的な設定の国が舞台の宇宙開発物である。この手の話としては割とオーソドックスではあるが、非常に上手く構成している。話は完結している。
タグ:牧野圭祐
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。