So-net無料ブログ作成
検索選択

ライトノベル・ベスト2014(その3) [ベスト]

ベストには入れていないが、シリーズ作品で完結した物を並べてみた。2,3巻打ち切りは漏れているのもあるし、本編が完結しているけど、短編がまだ出る予定というのも含まれている。

棺姫のチャイカ、百花繚乱、氷結鏡界のエデン、いちばんうしろの大魔王、巨大迷宮と学園攻略科の魔術師、女子モテな妹と受難な俺、獅子は働かず 聖女は赤く、デスニードラウンド、B.A.D.、夜姫と亡国の六姫士、サイコメ、神様のメモ帳、オレのリベンジヒロインを全員倒す!

この中では、「いちばんうしろの大魔王」は、なかなか変な結末だった。

ベストとはもはや、あまり関係ないが、昨年の動向で気になった点をいくつか記してみる。

なろう系はさすがにあまり買う気はしないけど、一定のシェアを占めるようになっている。面白いのは、なろう系のパロディー的な作品も結構、あるのだが、そちらは意外と上手く出来ていたりする。要するに、俺強え的な主人公の設定であるが、考えてみたら、『鬼畜勇者』はその先駆けだったか。

新人賞受賞作品は昨年はあまり買わなかったし、ほとんど継続して買ってはいない。電撃、ファミ通あたりはやや不作だったのかもしれない。今年は、電撃文庫が新人賞受賞作を一挙に発売ではなく、他のレーベルと同様に分散して出すようになったが、どうなるのだろう。


タグ:ベスト
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。