So-net無料ブログ作成
検索選択

『開門銃の外交官と、竜の国の大使館』深見真 [ファミ通文庫]

召喚機兵を呼び出す力を持たずに生まれた主人公の少年は、外交官の少女の警護官となり、竜神族の国に向かうことになるという話。アクションもそれなりにあるが、基本的には外交というか、交渉がメインの話である。本格的なファンタジーで、設定もかなり作り込まれている。話は完結しているが、続きも出せそうなので期待したい。
タグ:深見真
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。