So-net無料ブログ作成
検索選択

『クローバー・リーフをもう一杯』円居挽 [角川書店]

大学構内で神出鬼没に営業されるバーのマスターが持ち込まれる謎を解決するというミステリー。最近よくあるお店物ミステリーの形式ではあるが、むしろ、大学を舞台にしているところが特徴か。雰囲気的にも、森見登美彦とか万城目学あたりの京大物の系譜である。ミステリーとしては連作短編の形式であるが、最後に全体に関わる謎もそれなりに明らかになっている。全体としても上手く構成されている。続きが出せる構造ではあるが、割と話がまとまっているのでどうなのだろうか。
タグ:円居挽
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。