So-net無料ブログ作成
検索選択

ライトノベル2011年ベスト(その2) [ベスト]

2011年のライトノベルのベストの今度は新人部門である。

去年は、新人作家の物は余り買っていないので、かなり少ない中から選ぶことになった。以下、順番は特に意味はない。考えてみれば、『魔法科高校の劣等生』も新人ではあったが、ちょっと特殊だし、既に新人でない部門の方で挙げたので、ここでは除外する。

『犬とハサミは使いよう』更伊俊介 [ファミ通文庫]
http://maxim.blog.so-net.ne.jp/2011-03-25
発想がかなりぶっ飛んでいるが、内容もよく考えると結構変である。

『アイドライジング!』広沢サカキ [電撃文庫]
http://maxim.blog.so-net.ne.jp/2011-03-21-1
アイドルスポコン物的な話だが、非常に上手い。

『わたしと男子と思春期妄想の彼女たち 1 リア中ですが何か?』やのゆい [ファミ通文庫]
http://maxim.blog.so-net.ne.jp/2011-02-27
これも話の作りが上手い。

『問題児たちが異世界から来るそうですよ?』竜ノ湖太郎 [角川スニーカー文庫]
http://maxim.blog.so-net.ne.jp/2011-05-14-1
余り新人には思えないが、パワーがあるだけでなく、かなり構成も緻密である。

『カナクのキセキ1』上総朋大 [富士見ファンタジア文庫]
http://maxim.blog.so-net.ne.jp/2011-02-20
若干、話がご都合主義的ではあるが、スケールの大きい話を上手くまとめている。


色物枠としては、次の一冊。
『僕の妹は漢字が読める』かじいたかし [HJ文庫]
http://maxim.blog.so-net.ne.jp/2011-09-04
萌え系でかつネタだけかと思うと、意外と、テーマ性もかなりあるし、続きもそれほど、勢いが失われていない。


さらに、読んだ中で今年完結した作品のなかで良かった物を並べてみた。

とある飛空士への恋歌、かぐや魔王式!、タロットの御主人様。、土属性はダテじゃない!、剣の女王と烙印の仔、円環少女、天国に涙はいらない、あねもね☆ろわいやる、まかでみックス、竜王女は天に舞う、プリンセスハーツ、ギャルゲヱの世界よ、ようこそ!、百億の魔女語り 、疾走する思春期のパラベラム、月見月理解の探偵殺人 、調停少女サファイア、六人の兇王子、狼と香辛料、神曲奏界ポリフォニカ ネバーエンディング・ホワイト、墜落世界のハイダイバー


この中で、「天国に涙はいらない」は何故か、久し振りに出たと思ったら、完結という珍しいパターンだった。大団円といえるのは、とある飛空士への恋歌、剣の女王と烙印の仔、円環少女、プリンセスハーツ、神曲奏界ポリフォニカ ネバーエンディング・ホワイトといったところだろうか。

ここに載せていないが、最終巻を買ったけど、読んでいないのもあるわけで、さすがに読むか。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。