So-net無料ブログ作成

ライトノベル2010年ベスト(その2) [ベスト]

今度は去年のライトノベルのベストの新人編である。
順位は付けないで、ベスト5とする。

ベスト
『華葬伝 上下』久遠
http://maxim.blog.so-net.ne.jp/2011-01-01-14
台湾の角川の新人賞の受賞作。日本の下手な新人よりは上手い。

『月光』間宮夏生
http://maxim.blog.so-net.ne.jp/2010-11-17
ちょっと変わった感じだが、上手い。

『ニーナとうさぎと魔法の戦車』兎月竜之介
http://maxim.blog.so-net.ne.jp/2010-10-31
珍しいファンタジーの戦車物だが、ストーリーも上手くまとまっている。

『ヴァンダル画廊街の奇跡』美奈川護
http://maxim.blog.so-net.ne.jp/2010-02-13
電撃の新人賞の中ではこれが一番良かった。

『B.A.D. 1 繭墨は今日もチョコレートを食べる』綾里けいし
http://maxim.blog.so-net.ne.jp/2010-02-15
ファミ通文庫の新人賞の中では、これが一番良かった。

次点
『樹環惑星 -ダイビング・オパリア-』伊野隆之
http://maxim.blog.so-net.ne.jp/2011-01-01-11
SF。結構、ハードSFだが、割と読みやすいし、迫力もある。

『夏海紗音と不思議な世界1』直江ヒロト
http://maxim.blog.so-net.ne.jp/2010-02-12-4
新人賞受賞作はもう一冊あるが、そちらは読んでいない。こちらはちょっと変な雰囲気の海洋物。

『魔法少女☆仮免許』冬木冬樹
http://maxim.blog.so-net.ne.jp/2010-12-12-1
三冊同時にデビューしたが、その内、二冊読んだが、こちらはちょっと面白い。しかし、何か、微妙なところがあるが、今後期待したい。

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0