So-net無料ブログ作成
検索選択

ライトノベル2006年ベスト10 [ベスト]

年も明けたし、去年読んだもののリストアップも大体終わったので、2006年のベスト10。方針としては、シリーズものはどうしても、入れにくいので、シリーズの開始か、単発の作品中心になっている。

以下、順不同でベスト10
『”文学少女”と死にたがりの道化』野村美月 ファミ通文庫
去年出た三冊とも良かったが、とりあえず、一冊目を挙げておく。

カーリー ~黄金の尖塔の国とあひると小公女~』高殿円 ファミ通文庫
古めの冒険物とかミステリーが元ネタだが、微妙にライトノベルから外れている気もする。

『斬魔大聖デモンベイン 軍神強襲』古橋秀之 角川スニーカー
ノベライズだが、相変わらず、濃い話になっている。今年はオリジナルに期待したい。

ファイナル・スカーレット・ストーム 散る桜、咲く桜』中岡潤一郎 Gノベルス
これで完結。

『クジラのソラ01』瀬尾つかさ 富士見ファンタジア
壮大なSFになりそうである。今月に続きも出るようだし、期待したい。

『ヤクザガール・ミサイルハート』元長柾木 竹書房ゼータ
設定が凝っている。これも続きに期待したいが、レーベル的にはどうなのだろうか。

『銀月のソルトレージュ』枯野瑛 富士見ファンタジア
非常にオーソドックスな話ではあるが、上手い。

『銀盤カレイドスコープvol.8 コズミック・プログラム:Big time again!』海原零 スーパーダッシュ
『銀盤カレイドスコープvol.9 シンデレラ・プログラム:Say it ain't so』海原零 スーパーダッシュ
最後の二冊は同時発売だったが、構成が良かった。

『ぷいぷい!』夏緑 MF文庫J
コメディーでは、一番良かった。

『けんぷファー1』築地俊彦 MF文庫J
コメディー寄りでは、これも面白い。

以下、次点
『鳥籠荘の今日も眠たい住人たち1』壁井ユカコ 電撃文庫
新シリーズ。雰囲気は非常に面白い。

『空ノ鐘の響く惑星で12』渡瀬草一郎 電撃文庫
これで完結。過不足無く終わっている。

『だめあね☆ へいらっしゃい、ご主人様!』葛西伸哉 ファミ通文庫
コメディーではこれも良かった。

『ひと夏の経験値』秋口ぎぐる 富士見ドラゴンブック
ある種、リアルな青春小説としては面白い。

『うらにわのかみさま1』神野オキナ HJ文庫
『レンズと悪魔 I魔神覚醒』六塚光 角川スニーカー
『くじびき勇者さま 1番札 誰が小娘よ!?』清水文化 HJ文庫
『モノケロスの魔杖は穿つ』伊都工平 MF文庫J
新シリーズの一冊目としては、続きに期待したい。

『ナハトイェーガー ~菩提樹荘の闇狩姫~』涼元悠一 GA文庫
中身だけでなく、イラストも込みの評価になってしまうが、雰囲気的には良くできている。

『セカイのスキマ』田代裕彦 富士見ミステリー
『かぷりちお☆スノー』黒石翁 二見ブルーベリー

新人
『走って帰ろう!』加藤聡 ファミ通文庫
完成度が高いという点では、これだろう。きっちりと完結しているし。

『狼と香辛料』支倉凍砂 電撃文庫
続きも含めれば、これが新人の中では一番、出来が良いだろう。

以下、次点
『逆襲の魔王』三浦良 富士見ファンタジア
『火目の巫女』杉井光 電撃文庫
『SHI-NO -シノー 黒き魂の少女』上月雨音 富士見ミステリー
『神様のおきにいり』内山靖二郎 MF文庫J
『純情感情エイリアン1 地球防衛部と僕と桃先輩』こばやしゆうき 角川スニーカー

『多重心世界シンフォニックハーツ 上 独声者の少年』永森悠哉 角川スニーカー
下巻がまだ、出ないので、評価しづらいが、上巻だけで評価すると、かなり、良くできている。

全体的には、去年は、あまり、SFとかミステリーのライトノベル寄りの所が、出なかったので、レーベル的にはライトノベル中心になっている。レーベル別に見ると、電撃があまり、入っていないが、シリーズものが多いのが、響いているのだろう。新規参入組では、GA文庫は、ポリフォニカ中心だったということがあるのだろう。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(3) 
共通テーマ:

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 3

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。